オフィスレイアウトは業務効率に影響を与えます

業務の効率化は、現代企業では重要な経営課題の一つとなっています。



オフィスのスペースの活用が非効率的で、生産性を著しく落としているケースが多々見られます。スペース効率が悪くて仕事の能率が上がらないとか、レイアウトのせいで余分な作業が発生しているという事例は、枚挙にいとまがありません。

@niftyニュースをご紹介いたします。

オフィスレイアウトをわずかばかり変更するだけで、今まで使用できなかったスペース部分を効率よく使うことができ、仕事の生産性を目覚ましく上げることが可能です。また、オフィスレイアウトの変更で、オフィス内での執務人員数を増員することもできるのです。

スタッフの動線や机やロッカーの配置がかわって、それが業務効率向上に寄与することもあるのです。
反対に、誤ったレイアウトをそのまま放置しておくと、移動に余計な時間をとったり、あるいは、スタッフの作業環境が手狭になって作業効率が極端に悪くなってしまうのです。

業務効率の改善につながるオフィスレイアウト変更は、会社の業績にもプラスになりますから、決しておろそかにはできません。業務の形態や職種によって、一概には言えませんが、昨今の机の並べ方もかつてとは様変わりしてきています。
昔は、対向式レイアウトで、お互いに正面を見ながらデスクワークをしていたのですが、今では、チームごとにひとつのブースを作って、デスクを背中合わせにするレイアウトが盛んに取り入れられています。

主に、企画や開発職など、チームでの共同作業が多い職種でよく採用されています。