オフィスレイアウトを検討する上で大切なこと

職場環境を整備する観点からもオフィスレイアウトはとても、重要なものですが画一的な正解はなく、そのオフィスの仕事の仕方により、様々なパターンが存在します。



例えば、社員間のコミュニケーションを重視するオフィスであれば、対面式にデスクをレイアウトすると、社員間の顔がよく見え、話しやすい環境が作られます。

この時、マネージャーやリーダーが四隅にデスクを配置することで、社員の自主性が発揮されることになり、よりコミュニケーションを図ることができるようになります。

反対に、一人ひとりが作業に集中する技術系の職場であるなら、社員が背中合わせとなるようなレイアウトにすれば、集中しやすい環境を作ることができますし、打ち合わせを行う場合は後ろ向きになれば、すぐに顔を合わせることができますから、コミュニケーションも取りやすいレイアウトと言えるでしょう。



ただし、全体的に広めの面積が必要になりますので、オフィスのスペースに限界があると物理的に難しいというデメリットもあります。
このように、仕事のスタイルにより、オフィスレイアウトは様々なパターンが考えられますので、可能であればいろいろなパターンを試しながら、より作業効率の上がるオフィスレイアウト、もしくはコミュニケーションが取りやすいオフィスレイアウトを選択すると良いでしょう。
ただし、パソコンや電話回線を据えるスペースは物理的にも最低限必要となりますので、まずは配線を定めてレイアウトしていくと失敗がありません。

本当の日本経済新聞の様々な情報を掲載しています。